バストアップ成功のために・・まずは基礎知識&あれやこれや♪

 

完母で育てると
卒乳後に
本当にすぐに、おっぱいはしぼんでしまうの?

 

完母じゃなくて
直ぐに断乳した方がいいの?

 

そもそも、あんなに張っていたおっぱいが
どうしてこんなにしぼんでしまうの?

 

ママになった女性の
カラダのしくみをしっかり理解して
まずは、しっかり受け止めて。

 

そして、今からできる
具体的な改善方法を知ることが大切ですね♪

 

産後のバストアップ作戦〜基礎編記事一覧

母乳をあげるのが赤ちゃんにとって一番いいのは、わかっているのに…授乳をやめた後の胸のしぼみ、垂れ貧乳になってしまう・・・と心配するママさんも多いです。女性ならママになっても、いつまでも、きれいでいたい、体型を維持したいと思う気持ち、よくわかります。でもね。。。母乳がちゃんとでるにもかかわらずママの体型維持のために、わざわざ母乳をとめてミルクにするのってどうかしら?ってlunaママは思います。赤ちゃ...

「母乳で赤ちゃんを育てると、胸がしぼみやすくなる」と言われています。なぜ胸がしぼみやすくなるのかというと、乳腺が衰退するからなのです。出産して母乳を与え始めた頃は乳腺が発達し、バストも大きく膨らみます。赤ちゃんに母乳を与えるためと考えれば、自然な流れですよね。ところが、だんだん母乳が出なくなってきたり、赤ちゃんが卒乳したりすると、乳腺がだんだん衰退してってしまうのです。乳腺が発達したり衰退したりす...

母乳育児だと、胸がしぼむってみんな言いますよね?だから母乳育児はしたくないの〜〜!というママも増えているのは事実。確かに母乳育児だと胸のカタチが変化しやすくなるのは本当です。どうして母乳育児だと胸がしぼみやすいの?というといちばんにあげられる理由は「乳腺」が減ってしまうから。。。。出産直後、母乳を与え始めたばっかりの頃って、赤ちゃんを育てるために乳腺がどんどん発達するんですね。乳腺が発達するので、...

 妊娠中は、 お腹の赤ちゃんを 安全に育てて行くために、 また、ママの体を守るためにも、 女性ホルモンの分泌が 活発になります。 卵胞ホルモンのエストロゲンも 黄体ホルモンのプロゲステロンも 盛んに分泌され続け、 妊娠週が進むにつれて どんどん増えていきます。 そして出産を終えると、 エストロゲン・プロゲステロン共に、 急激に減り始めて分泌が止まります。そして赤ちゃんの為に、母乳をつかさどるホルモ...

わたしが出産し、授乳のために2時間睡眠を繰り返していたころ。。全部一人で抱え、旦那んのことも、何もかも全部やらなくちゃ・・・という気持ちになっていました。でも、そういう状況が続くと、おっぱいを求める赤ちゃんの泣き声にイライラしている自分に気づいてすごく自分でもショックだったんです。「わたし、これからちゃんと、赤ちゃんを愛せていけるのかなママを、やっていけるのかな」体型の自信であったバストダウンにシ...

バストの左右の大きさって、バストがふくらみ始める頃から、もともとちょっと少し違うものだと思います。心臓を守るため(?)左の方が大きいとか、、聞いた事あるし。。わたしも出産前、違いましたし得にコンプレックスには感じていませんでした。しかし!もっとも忙しい授乳期が終わり、お風呂上がりにふっと鏡を見てみたら。あっれー!?(゚ー゚;となるほどだいぶ左右のバストの大きさが変わっていました。な、なんでこんなに...

妊娠中は、お腹の赤ちゃんを育てるために、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量がどんどん増えます。ところが、産後は「エストロゲン」も「プロゲステロン」も急激に減少してしまうのです。代わりに母乳の分泌を促す「プロラクチン」というホルモンが増えます。妊娠中増えてきた女性ホルモンが突然減り、違うホルモンが増えるという急激な変化に身体はすぐに対応できず不調が出てきます。産後の身体が元通...

女性ホルモンの「エストロゲン」は、妊娠を継続させるために胎児の成長に合わせて子宮を大きくしたり、母乳を作る準備として乳腺を発達させたりします。エストロゲンは妊娠末期までは増加し続けますが、産後は一気に流出してしまいます。エストロゲンは乳腺を発達させる働きがありますが、母乳の分泌を抑える働きもあるからなのです。よって、産後はエストロゲンが急激に減少し、代わりに母乳の分泌を促す「プロラクチン」というホ...

卒乳で胸がしぼんでしまうのは、卒乳により乳腺が衰退してしまうからです。ではなぜ乳腺が衰退してしまうのでしょうか。妊娠中、出産前は女性ホルモンの「エストロゲン」が盛んに分泌されるので、乳腺が発達して胸が大きくなります。出産するとエストロゲンは急激に減ってしまいますが、代わりに母乳を出すホルモン「プロラクチン」が分泌されます。母乳を出している間はプロラクチンの分泌によって乳腺が発達し、胸の大きさが維持...

断乳、卒乳後にしぼんだ胸、なんとか元に戻したいですよね。そのためには、減少した女性ホルモンの「エストロゲン」を増やすことがカギなのです。エストロゲンを増やすためには、バランスの取れた食事ストレスをためないこと十分な睡眠の3つが非常に大切です。バランスの取れた食事とは、・タンパク質・ビタミン・ミネラル類などをバランスよく摂取することです。基本的なことですが、赤ちゃん第一のママさんは自分のことは疎かに...

産後に胸をしぼませる原因のなかに、「睡眠不足」がとても影響しています。でもママは赤ちゃんを育てるために毎日昼も夜も休まず授乳しなければなりませんし、赤ちゃんのお世話をしなければなりません。確実に睡眠不足になってしまいます。睡眠不足は成長ホルモンの分泌を妨げてしまうんです。ホルモンの分泌は夜の22時から2時くらいの時間帯にたくさん起こり、疲労回復やバストを育てることに当てられます。ところがその時間帯...

産後のママは、女性ホルモンを取り戻すためにいろいろなことに気をつけなければなりません。栄養バランスのよい食事、適度な運動、充分な睡眠などはもちろん大切なのですが・・・女性ホルモンの分泌に欠かせないものといえば、「恋・愛」の気持ちです。子育てに夢中のあまり、旦那さんとのスキンシップが減っているなんてことはありませんか?産後にそんな暇ない、というママも多いかもしれませんが・・・改めて旦那さんを大好きな...

産後のママがバストアップするためには女性ホルモンの分泌を活性化することが大切です。分かってはいても、育児や家事で忙しいママには自分の時間すら、なかなかとれません。しかも、産後のママの女性ホルモンの量は急激に減少しているため、このままでは妊娠前のように分泌されないのです。更に、もともと女性ホルモンの量は年齢とともに分泌が減っていくものなので、なかなか分泌を増やすことが難しいのですね。女性ホルモンの中...

母乳を与えている間のバストは、赤ちゃんが触ったり、手の爪でひっかいたり、乳首をつままれたり…。乳房全体のお肌の状態はカサカサ。胸のハリはなくなってシワシワになってしまいがちです。卒乳後は更に母乳を作るホルモンのプロラクチンの分泌もなくなり、さらに胸のしぼみが加速してしまいます。女性ホルモンのエストロゲンの分泌もかなり低下している状態なので、放っておくとバストサイズはどんどん下がり、妊娠前より小さく...

母乳育児を始めた直後は、母乳をたくさんつくるためにママの食べる量は増えるのが一般的。そして、母乳育児が進むに連れて、食べる量が徐々に減ってくるママさんが多いようです。よって、授乳後のママは、身体から栄養を絞り出されている状態!!食べる量も減っているため栄養が足りなくなっているのです。栄養不足でバストがどんどんしぼむ・・・母乳はママの血液から作られます。赤ちゃんが母乳飲んだ後はママの身体は血液不足に...

女性ホルモンのエストロゲンは授乳後のしぼんだバストを元に戻すために必要不可欠♪エストロゲンは、肌のハリ・ツヤ・潤いを保つ働きをします。この、エストロゲンというホルモンの分泌が少ないと、乳腺はしぼんで衰退してしまうのです。産後のママの身体は女性ホルモンの分泌がかなり低下した状態です。それでも、母乳を与えている間は、母乳を作るためのホルモンのプロラクチンが働いて、乳腺はハリのある状態を保っていますが。...

産後のママのバストは、エストロゲンの減少によって乳腺が衰退します。母乳を与えている間は、母乳を作るホルモン、プロラクチンが乳腺を発達させるので、バストを維持していますが、卒乳するとプロラクチンがなくなるので、一気に乳腺が衰退し、バストがしぼんでしまうのです。エストロゲンを分泌して、乳腺を発達させることがバストアップの近道なのですが、エストロゲンの分泌は、卒乳後すぐに増えないのです。エストロゲンを増...

出典:http://img03.ti-da.net. お腹周りに妊娠線ができる方は多いですよね?もちろん、お腹回りの妊娠線もなんとかしたい!ワケですが胸にも妊娠線ってできる場合があるんです。胸に妊娠線ができてしまう原因は母乳が大量につくられて授乳中に急激にサイズアップした時にできてしまうことがほとんど。母乳の出が良いママさんほど、胸に妊娠線ができてしまうことが多いのです。日本語で言うと妊娠線ですが...